汗をかくと顔が痛いときはどうしたらいいの?

顔汗に悩んでいる方は意外と多いと聞きました。

 

中でも、顔汗で傷みが走るという悩みまでついてきています。

 

どうして顔に汗をかくと痛みまでするのでしょうか?

 

それは、汗をかくことで肌の水分が蒸発して、肌は水分不足を起こしているからなんです。

 

ですから、肌の表面はべた付いているように見えても、肌自体は乾燥している状態になっているんですね。

 

乾燥で肌が敏感になり、肌を刺激してヒリヒリしてしまう訳です。

 

そのような肌を一般的には「敏感肌」と呼びます。

 

敏感肌とは、乾燥肌の延長線上にあるので、角質層のバリア機能が崩れてしまうことで、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまう状態。

 

それがヒリヒリやかゆみなどをやらかしちゃうんですね。

 

しかし、実は、敏感肌の治し方はないのが現状なんです。

 

それでは大変困りますよね?

 

上述しましたが敏感肌は乾燥肌の延長線上にある訳ですから、まずは乾燥肌を対処するしか方法はありません。

 

乾燥肌というのは、角質層の水分量が30%以下になっている状態。

 

バリア機能が著しく低下している訳です。

 

この乾燥肌が常習犯となっていると、保護膜としてサポートしてる皮脂や、角質層にあるセラミド、NMFというとっても大事な保湿成分が無くなっていってしまいます。

 

そういった場合は外側から攻めてみましょう。

 

乾燥肌、敏感肌からくる顔汗の痛みを緩和するには、当然最初に汗を拭きとりますよね。

 

その際にも肌に刺激を与えないように、優しくハンカチを押し当てて汗をぬぐいましょう。

 

その後で、出来るなら化粧水や乳液で保湿を行います。

 

ただ、化粧水などの液状のものだと、余計しみてしまう場合は、保湿クリームなどにするとよいでしょう。

 

しかし、女性の場合はお化粧をしていることが多い訳ですから、汗を拭きとることや、化粧水をつけることは、なかなか出来るタイミングがありません。

 

会社へ行く電車の中では、そういった対策ももちろん、化粧直しも出来ません。

 

それなら、メイクする際に対策できるようなクリームはないものでしょうか?

 

あるんです。

 

顔汗専用の制汗クリームが。

 

それがサラフェという商品です。

 

サラフェは化粧下地として、メイク前に塗っておくだけで、汗を吸着してくれるので、場所、時間を気にせずに、顔汗やそれに伴う痛みを感じさせません。

 

サラフェには保湿成分がたっぷり含まれていますので、汗を抑えつつ肌も守ってくれます。

 

乾燥肌だ、敏感肌だ、顔汗が出る、痛みが出る。

 

その度に色々なスキンケアに頼らざるを得ないわけですが、あれもこれもという対処法はしたくないですよね?

 

サラフェは、スキンケア後にさっと5秒塗るだけでOKの、簡単お手入れ。

 

時代と共にスキンケアもそれに合わせて増えてきています。

 

それだけ技術が向上している訳ですから、顔汗用の制汗剤が出ていても不思議ではないのですが、サラフェは顔汗用制汗剤では日本初となっています。

 

それだけ顔汗で悩み、痛みに悩んでいる方が多かったのでしょうね。

 

サラフェはそこにピンポイントを当てて作られた、優れたクリームなので、是非、お試しください。

関連ページ

顔のかゆみの原因は汗だった!?
顔のかゆみで悩んでいる人も多いはず。その原因は汗と言う説もあります。そんな顔のかゆみの原因と対策を教えます。本当に汗が原因なのでしょうか!?
汗の中でも顔汗に効く薬ってあるの?
汗の中でも一番イヤなのが顔汗です。そんな顔汗を治す薬はあるのでしょうか?汗の中でも顔汗に効く有能なお薬を探しました。