顔のかゆみの原因は汗なの?どうやってケアする?

顔がかゆくなるという経験をお持ちですか?

 

案外多いんですよね、顔のかゆみに悩んでいる人。

 

特に夏場はツライ・・・という声も聞きます。

 

そんなかゆみの原因と対策に迫ります。

 

まずはかゆみの原因ですが、一言で言っちゃいますと、かゆみの原因はズバリ汗です!

 

詳しく説明しますと、お肌には常在菌という菌がいつもいるんです。

 

お肌って弱酸性を維持することで、常在菌が快適に住むことが出来ています。

 

その快適な住まいを壊すのが汗なんです。

 

多量に分泌される汗は殺菌を増やします。

 

また、皮脂は肌を弱酸性から酸性にしてしまいます。

 

その刺激で顔がかゆくなるんです。

 

また、洗顔しすぎなどでお肌のバリア機能が落ちていると乾燥してしまうので、その乾燥が顔のかゆみにつながっている場合もあります。

 

それだけではありません。

 

実は、夏の顔のかゆみは顔カビが原因となっていることもあるんです。

 

マラセチア菌というカビの一種の菌があり、その菌は常に顔に住んでいます。

 

マラセチア菌は汗や皮脂が大好物なんです。

 

ですから、汗や皮脂でべた付く夏場は特に要注意!

 

マラセチア菌が大暴れして、かゆみを起こすんです。

 

こんなやっかいな顔のかゆみですが、きちんと対策すれば、快適に夏を過ごせますよ。

 

まず、かゆみの対策として一番肝心なのは、汗をこまめにふき取ることです。

 

お肌を清潔に保つことが、一番のかゆみの退治法です。

 

その場合は濡れタオルがお勧めですよ。

 

メイクや日焼け止めを今一度見直してみてはいかが?

 

メイクをしている場合のクレンジングは丁寧に行うこと。

 

クレンジングでメイクが落としきれていない場合は、かゆみの原因となってしまうので、メイクをする時より、メイクを落とす時の方を意識しましょう。

 

また、化粧品をアレコレ手を出すのはいかがなものかです。

 

自分のお肌と化粧品の相性はとても大事です。

 

自分に合った化粧品選びをすることが肝心ですよ。

 

そして、紫外線はお肌の天敵だということは、あまりにも有名ですよね。

 

ですから日焼け止めクリームでお肌を守ることを怠らないようにしましょう。

 

そして、枕カバーやバスタオルなど、顔やお肌に直接触れるものは、常に清潔なものを使用することも大事です。

 

顔は体の中でも一番皮膚が薄いデリケートな部分です。

 

そして、体の中で一番露出している皮膚ですよね。

 

神経質になりすぎるのはいけませんが、やはり意識を高くしていましょう。

 

かゆみとは一種のアレルギー反応です。

 

お肌に受けた刺激に対して、ヒスタミンが分泌されて反応して、かゆみを感じます。

 

刺激されてかゆくなる、かく。

 

そうすると肌のバリア機能が壊れてしまう。

 

それによって刺激されるてかゆくなる、かく。

 

という悪循環に陥いってしまいます。

 

そうならないように、なるべくお肌に負担をかけないようにしましょう。

 

かゆみだけでなく、赤み、炎症が見られるようになったら、迷わず皮膚科へ行きましょう。

 

春夏秋冬それぞれに、顔のかゆみの原因となる要素がありますが、一番不快に感じるのが夏のようですね。

 

夏を快適に過ごすためにも、普段からの小さい心掛けが大切なようです。

 

小さいことからコツコツと・・・という有名な名文句は、こういう場合に当てはまるかもしれませんね。

関連ページ

汗をかくと顔に痛みが!?どうしたらいい?
汗をかくと顔が痛くなるケースがあります。顔汗で痛みがある時のその原因と対処法をご紹介します。
汗の中でも顔汗に効く薬ってあるの?
汗の中でも一番イヤなのが顔汗です。そんな顔汗を治す薬はあるのでしょうか?汗の中でも顔汗に効く有能なお薬を探しました。